「生きた英語力をタダで身に着けたい方」へのおすすめの方法はこちら

英語力を身に着けるために英会話教室に通ったり、英会話CDや外国の映画を見て英語を勉強する方もいますが、最近では、実際に海外に行き語学留学をして英語を身に着ける方も増えています。

語学留学するメリットは、生きた英語が学べるということなみならず、生活力がついたり、クラスメートやホストファミリーと一緒に過ごす思い出など、勉強だけでなく現地の方々との交流も楽しむことができるという点です。

 

海外に語学留学すると生活そのものが「英会話」になります。学校で英語を学ぶ以外にも、いやがおうにも英語を話さなくてはなりません。買い物、カフェでの注文、近所の方々との交流も当然すべて英語ですから、たどたどしい英語であれ何であれ、英語を話さざるを得ません。

はじめは慣れないかもしれませんが、やがて段々とリスニング能力が身に付き、相手の話している内容が理解できるようになると自分からも話しやすくなり、英語での会話が楽しくなってきます。

学校の勉強だけでなく実際の生活の中で生きた英語に触れることは、とても有益なことです。例えば日本でも、国語の時間に学ぶ言葉と、実際に若者が話す言葉には違いがあります。学校の勉強では「美しい日本語の勉強」は習得できますが、流行の話し言葉などは当然教えてくれません。

日本において、外国人が学ぶ日本語テキストの内容に驚いたことがあります。「こんな言葉、いつ誰が使ってるの?」という内容を載せていたからです。まるで翻訳機にかけたような、変てこな日本語を一生懸命学んでいる外国の方をみると、なんだか可哀想になってきますね。

このようなことは私たちにとっても大いにあり得ます。私たちが日本や海外で学ぶ英語のテキストの内容は、果たして現地の方々に通じる内容、生きた会話なのでしょうか?

生きた英語を身に着けるには、やはり日常会話の中で英語力を習得するのが一番いい方法だといえるでしょう。

 

「海外留学にかかる費用や英会話教室に通うお金がない」

 

このような方にとって、大変おすすめな「生きた英語」を学ぶ方法があります。

それは、「skypeで外国の方と話す」という方法です。大手の英会話教室などでもやっていますが、自分で相手を見つけたり、個人で募集している方に申し込めば、留学や英会話教室に通うのに比べてはるかに安く、英語を学ぶことができます。

講師によってレッスンの金額はまちまちですが、フィリピン人講師なら比較的安くレッスンを受けることができます。フィリピンは、アジアでは少ない「英語を公用語とした国」です。公用語としているので、英語で会話を成立させることについてはほぼ問題ありません。

しかし、1人の講師だけでレッスンを受けていると、発音や訛り、話し方の癖などもあるので、慣れてきたら出来るだけ多くの国の方々と話してみるのがよいでしょう。

英語が上手にできるようになったら、有料のレッスンを受けなくても自分でホームページや掲示板などで話す相手を探すこともできますよね。海外には日本語を学びたいという方も大勢いるのですから、お互いに言語を教えあうという契約で相手を見つければ、双方にとってメリットとなるので相手も見つかりやすいでしょう。

 

参考までに・・・はじめてスカイプを利用する方へ

 

 

スカイプ(Skype)とは、インターネットを通じて無料で通話ができるソフトウェアのことです。スカイプのアカウントを持っている者同士なら、パソコンやタブレット、スマートフォンなどを使ってビデオ通話や音声通話、チャットなどが利用できます。似たような機能のソフトで、ライン(LINE)でもビデオ通話ができますが、英会話を勉強するという点では、Skypeを利用している方の方が断然多いので、Skypeがおすすめです。

 

Skypeの設定手順(ざっくりと説明します)

スカイプの公式サイトから、ダウンロードとインストール(自分のパソコンに入れて起動させること)をします。

アカウント(利用する権利)を取得し、サインイン(ログイン)します。

通話音声やカメラのチェックをします。

通話したい相手をコンタクトリストに追加すると、スカイプを通じて通話を発信することができます。

 

こちらの記事と関連する記事:

海外留学にかかる費用を借りるおすすめの方法



The following two tabs change content below.
けーすけ

けーすけ

40代を目前に会社を退職しフリーで独立。マラソンと株式投資を愛する個人投資家です。 現在「初心者にもわかりやすい株式投資」「体幹マラソンのすすめ」を執筆中。 こちらのサイトでは20年間勤めた金融関係で得た経験と知識を生かし、「はじめての方にもわかりやすく」お金を借りるおすすめの方法をご紹介していきます。

固定ページ

コメントは受け付けていません。