<電気料金>2016年4月に電力小売りが全面自由化! どれが最もお得なの?

以前の記事でもお伝えしましたが、いよいよ4月から電力小売りが全面自由化されます。

 

Q:電気が完全に自由化されるとどうなるの?

A:どこの電力会社から電気を買うかを選べるようになります。

各社ともサービスや値引き合戦で顧客を獲得しようとするので、消費者にとってはメリットが大きいと思います。

Q:どこの会社から電気を買うのがお得?

A:サービスやプランによって様々あるので、一概にどこから買うのが一番お得か?は断定できません。

おすすめを挙げるとしたら、こちらの『エネオスでんき』は現在キャンペーン中で、環境にも優しい発電を行っています。



天然ガスなど環境に配慮した資源を使って発電し、安定的に電力を供給してくれます。

 

エネオスでんきはこれまでにも多くの実績があるので安心です。

一方、新電力会社で実績のないようなところにはちょっと気を付けた方がいいかもしれないですね。

Q:今の電力会社から切り替える場合には、工事は必要?

A:電気の使用量を測る「スマートメーター」への取替工事が必要です。

  ただし、工事費用は原則発生せず、工事の間の停電なども起こりません。

    ※お客様事由で設置場所を変更する場合などは費用がかかります。

スマートメーターって何? どんなことができるの??

 

 

スマートメーターでできること

 

30分ごとの電力使用量が計測できるようになります。
  • 今までの機械式メーターでは、検針員による月1回の検針により、1ヵ月間の使用量しか計測できませんでした。
  • スマートメーターでは30分ごとの使用量が計測できるようになります。
  • 「ENEOSでんき」では、電力使用量の「見える化」サービスを開始します。

今までの機械式メーターでは・・・。

検針員が毎月1回、月間の使用量を確定

スマートメーターだと・・・。

30分ごとに指示数を自動的に取得し、月間使用量を計測

電力使用量が自動検針となります
  • 今までは電力会社の検針員が目視で検診していましたが、スマートメーターを設置すると自動検針が可能となります。

従来の機械式メーター

現地での検針作業が必要

スマートメーター
現地へ行かず自動で検針

 

実は今、電力会社により各家庭のスマートメーターの設置が進められているのです。

東京電力管内では、2020年までにすべてのご家庭にスマートメーターの設置が完了する予定になっています。

「ENEOSでんき」など4月から新規参入する事業者に申込みをすると、優先的にスマートメーターへの切り替え工事がが実施されます。

 

電気の使用量が毎日見えるようになるのはいいですよね!

なお、「ENEOSでんき」をはじめ、新プランへの切り替え手続きは申し込むだけで完了します。

様々なプランがすでに発表されていて、インターネットとのセット契約や、電気、ガス、インターネットの「トリプル割」などもあります。東京ガス トリプル割

ただし、現在のプロバイダーが2年縛りなどの契約だと、違約金が生じる可能性もあります。

契約内容を確認の上切り替え手続きをされてください。

The following two tabs change content below.
けーすけ

けーすけ

40代を目前に会社を退職しフリーで独立。マラソンと株式投資を愛する個人投資家です。 現在「初心者にもわかりやすい株式投資」「体幹マラソンのすすめ」を執筆中。 こちらのサイトでは20年間勤めた金融関係で得た経験と知識を生かし、「はじめての方にもわかりやすく」お金を借りるおすすめの方法をご紹介していきます。

固定ページ

コメントは受け付けていません。