【ブラックアルバイト】泣き寝入りするな! タダ働きは取り返せます!!

photo3今日のヤフーニュースで、 無給で7カ月間働かされた学生が、「赤字の穴埋め」も要求されたとして仙台地裁に未払い賃金など約210万円の支払いを求める労働審判を申し立てた、とのトピックスがありました。この男子大学生、わずか時給750円での契約にもかかわらず、1円ももらっていないどころか、「赤字の穴埋め」まで要求されたので、たまりかねて提訴に踏み切ったのだと思います。学業にも支障が出ているとのことで、可哀想です。

このようにアルバイト先の労働環境やパワハラに悩む学生からの相談が後を絶ちません。もし、自分のアルバイト先がこのような無理難題を言ってきたら、どこに相談すればよいのでしょうか。

 ブラックアルバイトとは

最近、新聞やテレビの報道で「ブラックアルバイト」の話題が多く取り上げられています。契約はアルバイトにもかかわらず正社員並みの仕事量や責任を負わされたり、シフトの急な変更、強制的な出勤要請、パワハラ、セクハラに悩んでいる学生が増えてきているのです。特にこれからの季節、クリスマスやお正月に向けて多いのが、「クリスマスケーキ」や「おせち料理」「お歳暮」などの強制ノルマです。

単なる数値目標を掲げて販売に取り組む、のであればいいのでしょうが、「1人3件必須! 取れなかったら自腹で購入してもらう」などの一方的な取り決めは違法です。すぐに相談しましょう。

<ブラックバイトユニオン>

・労働基準監督署への情報提供

ブラックバイトユニオンでは、ブラックバイトの被害情報を収集し、厚生労働省や労働基準監督署に申し入れを行います。

・未払い賃金のキャッシュバック申請

未払いの賃金・残業代は、過去2年分まで遡って請求できます。賃金をしっかりと支払わせることで、

ブラックバイトの経営者に反省と改善を促していきます。

 

>>>ブラックバイトユニオンのHPはこちら

 

photo3実は私も、学生時代に初めてアルバイトしたコンビニエンスストアで、クリスマスケーキのノルマを与えられて目標が達成できずに買わされました。私の場合は2個売って1個分の自腹購入だったのですが、一緒に働いていた女の子は1個も売れずに3個買う羽目に。このとき「強制的に買わせるのは違法ではないですか?」と経営者に問いただしたところ、「お客様にクリスマスケーキをおすすめするのもコンビニの仕事のうち。絶対に売ってやるという気持ちが足りないし、声掛けも弱い。自分たちの努力が足らないのに、違法呼ばわりするとは何事か」との答えでした。

バックルームに氏名と目標件数、獲得した数を掲示し、その前で毎日「そろそろ1件くらいとらないと・・・。」「これじゃあ君たちのお給料が出ないんだよ!」とプレッシャーを与える経営者の姿勢は明らかにおかしいと思い、労働基準監督署に相談に行きました。結果、自腹で購入した分の代金はすべて返還され、「タイムカードを切ってから」の残業分も手に入れることが出来ました。(私の時代、勤怠管理はまだタイムカードだったんです。)

 

<泣き寝入りしてしまう多くの原因>

・どこに相談していいのかわからない

・お店で面倒を見てもらった社員さんもいるので気が引ける

・経営者(オーナー、店長)は最悪だが、お店は好きだ

・自分だけやめれば済む話だと思っている

 

このように考える気持ちもよくわかります。ですが、ちょっと待ってください。もしあなたがこのまま泣き寝入りをすることによって、第2、第3の被害者がどんどん増えてきてしまうのです。例え「自分だけが辞めれば済む話」だと思ったとしても、行く先行く先のアルバイトがこのような経営者だったらどうしましょう。経営者に反省を促し、働いている他の従業員を救うためにも、是非立ち上がってください。未払い賃金や不法に交わされた商品の代金は全額戻ってきます!

 なぜブラックアルバイトが増えてきているのか

その答えは、パートやアルバイト、派遣アルバイトなどの非正規雇用を採用する会社が増えてきたことが関係しています。
昨今の不況で、企業は一番お金のかかる人件費を削減するために、以前は正社員がやっていた責任のある仕事を、学生アルバイトやフリーターなどの非正規雇用労働者に押し付け、低賃金で同じ仕事をやらせているのです。

学生側も学費の高騰や仕送り額の減少、さらには奨学金が返済できないなどの経済的な悩みを抱えているので、簡単にアルバイトを辞めることも難しくなってきています。こうした事情に付け込んで、違法な働かせ方をさせている企業や経営者が後を絶ちません。

こうした現象は正社員の中でも起きています。「店長」を名目に残業代を一切支払わないなどの問題があちこちで起きていて、マクドナルドやセブンイレブンといった大手企業でもニュースとなりました。

2012年に始まった「ブラック企業大賞」では、今年も有名な大手企業がノミネートされています。

 

<過去のブラック企業大賞受賞企業>

2012年・・・東京電力株式会社

2013年・・・ワタミフードサービス

2014年・・・株式会社ヤマダ電機

 

<今年のブラック企業大賞ノミネート企業>

・ 株式会社セブン-イレブン・ジャパン

・ 暁産業株式会社(消防自動車、消防用設備などの販売と保守点検を行う福井県福井市の企業)

・ 株式会社フジオフードシステム(関西を中心に「まいどおおきに食堂」や「串家物語」を展開)

・ 株式会社エービーシー・マート(靴の専門店「ABCマート」を全国で800店展開)

・ 株式会社明光ネットワークジャパン(明光義塾)

・ 株式会社引越社関東(「アリさんマークの引越社」)

 ブラックアルバイトだと感じたら・・・。

<相談先>

◎全労連 労働相談ホットライン

◎労働問題相談の派遣ユニオン

◎ブラック企業被害対策弁護団

◎各都道府県または市町村のハローワーク、労働基準監督署

 

photo3

この他にもNPO法人や弁護士会などで運営されている相談窓口はたくさんありますので、まずは泣き寝入りする前に、自分のアルバイト先の状況や、違法と思われる点などについて話してみましょう。相談内容は当然、秘密を守ってくれますし、すぐに提訴に踏み切るなどのようなこともありません。安心して相談してみてくださいね。

年末年始、コンビニエンスストアやスーパーなどで販売競争が過熱してくると、従業員にノルマを与えて強制的に購入させるところが少なくありません。しかし、それは違法な行為ですので、はっきりと断りましょう。どうしても断り切れずに買わされてしまった時には、直ちに相談を!

 

The following two tabs change content below.
けーすけ

けーすけ

40代を目前に会社を退職しフリーで独立。マラソンと株式投資を愛する個人投資家です。 現在「初心者にもわかりやすい株式投資」「体幹マラソンのすすめ」を執筆中。 こちらのサイトでは20年間勤めた金融関係で得た経験と知識を生かし、「はじめての方にもわかりやすく」お金を借りるおすすめの方法をご紹介していきます。

固定ページ

コメントは受け付けていません。