「お金借りる」どんな種類でも借金は借金

大きな買い物をするときに、カードで支払う方も多いでしょう。
カードローンも借金だということをあまり考えずにカードで支払っている方、かなり多いですよね。

「お金を借りる」つまり借金のことです。

自動車ローン、教育ローン、住宅ローン。
これも全て借金。

消費者金融から現金を借りるよりも、ハードルの低い借金です。
どんな借金の方法でも、必ずあるのが審査。

住所、職業、年齢、年収。
その他に過去の借金で事故情報がないかどうかまで調べられます。

今まで1度もローンを組んだ事が無い、お金を借りた事がない、そんな人達は、収入と職場がしっかりしていれば比較的簡単に借り入れる事ができます。

収入が無い専業主婦ならば、夫の収入があれば審査が通る可能性が高いです。
学生でもアルバイトをしていて一定の収入が見込めるならば少額ですが借り入れる事ができます。

ここで大事なのは、返すあてがあること。

目の前にお金がないけど、大きな金額が動く時、消費者金融やクレジットカード決済はとても助かります。
しかし、返す見込みがあるのか、返済額が多いために家計を圧迫しないか、きちんと考えて借りることが重要です。

最初は少額でも、他社から借入れて気付いた時には何百万の借金になってしまいかねません。
りたお金は返すもの。

返すときには利息が付いて、多く支払わなくてはいけないという事実も肝に銘じて下さい。

借り入れる会社の利息、支払い方法にもたくさんの種類があります。

カードローンの場合毎月決まった金額を支払うリボ払いを選んでしまいがちですが、利息が増えてしまって元金が減らない場合が多いので、おすすめしません。

消費者金融の場合、毎月の支払額の、利息分と返済分の割合を考えないと、いくら支払っても元金が減りません。

どの種類の借金であっても、まずは自分の収入と生活費、返済額のバランスを考えて、無理のない金額で借り入れることをおすすめします。

 

The following two tabs change content below.
けーすけ

けーすけ

40代を目前に会社を退職しフリーで独立。マラソンと株式投資を愛する個人投資家です。 現在「初心者にもわかりやすい株式投資」「体幹マラソンのすすめ」を執筆中。 こちらのサイトでは20年間勤めた金融関係で得た経験と知識を生かし、「はじめての方にもわかりやすく」お金を借りるおすすめの方法をご紹介していきます。

固定ページ

コメントは受け付けていません。